IPL脱毛

IPL脱毛の性質やメリットについて

脇の脱毛に関する記事を見ていると、しばしば「IPL」という言葉を目にします。脱毛サロンで、IPLを採用していると宣伝している場合もありますよね。IPLは光脱毛の一種ですが、脱毛効果が比較的高く、肌に優しい脱毛方法だといわれています。また脱毛と一緒に美肌効果が期待できるという特徴もあります。では、IPLとはどのような脱毛なのか、くわしく見ていきましょう

 

ムダ毛処理

 

IPLとは「intense pulsed light(インテンスパルスライト)」の略で、これは、激しく点滅する光、くらいの意味だと考えるとよいでしょう。従来の光脱毛はライトが一度照射されるだけですが、IPLは一度照射するその間に、目に見えないほどの速さでライトがオン・オフを繰り返すという特徴があります。光脱毛は、ライトで毛根のメラニンに熱を加え脱毛させる仕組みですが、毛が熱せられるとき、ある程度、肌も熱を持ってしまいます。IPLの方式は、ライトを細かく点滅させることで、肌への加熱をできるだけ抑えるよう改良されたものなのです。また、肌が熱を持ちづらい分、出力を多少高くして処理ができますから、従来の光脱毛よりも、高い脱毛効果が得られるというメリットもあります。

 

IPLの美肌効果についてはどうでしょうか。脱毛やエステに使用する光は、@メラニン、Aヘモグロビン、B水分、この3つに反応して発熱する性質がありますが、美肌に関係するのはAのヘモグロビン、つまり血液の色素です。血管に適度な熱を加えることで血流をうながし、肌のターンオーバーを活性化させるのが、光を使ったフェイシャルエステの基本的な施術内容になります。サロンのフォトフェイシャルでは、500nm〜1000nmの波長の光を使用します。500nm〜600nmはヘモグロビンへの感度が比較的高く、700nmからあとは感度が低くなるため、適度な熱刺激を与えることが可能なのです。脱毛に使用するIPLは600nm〜1000nmと、フェイシャル用とは少しずれますが、かなり近い波長を持っています。血流の促進効果、つまり美肌効果があるといわれるのは、そのためです。ただし、フォトフェイシャルと同等の効果は期待できません。あくまで、脱毛の副産物ととらえてください。